東京都渋谷区原宿の空手道場 原宿道場

道場風景

稽古風景です。ストレッチと「気づき」のシェアは必ず行うのが当道場の特徴です。

ストレッチ

運動能力の向上・ケガの防止のためにも、柔軟な体をつくることは全ての運動における基本です。稽古前には必ず全員で行い ます。運動後の筋肉のケアとしても重要ですので、稽古後もできるだけ積極的に行うことをお勧めします。

ストレッチ1
基本稽古

突き、受け、蹴りなどの空手の基本的な動作等の習得・確認のための稽古です。力の強弱・技の緩急、呼吸方法、重心や軸を 意識した動きを身につけるためには必須です。単純動作ほど誤った形で覚えてしまうとなかなか修正がきかなくなります。 最初のうちに正しい動作を体得することを心がけてください。

基本稽古1
移動稽古

基本稽古ではできる動作も移動しながらとなると意外にできないものです。移動稽古では、空手独特の立ち方で移動しながら 基本稽古で身につけた動きを繰り出していきます。全身の動きと姿勢を常に意識する必要があるため、最初の頃はここまでの 稽古でもかなりきつく感じます。これがなんとかこなせるようになる頃には驚くほど下半身の安定度が増していることが実感 できるはずです。

基本稽古1
型稽古

基本稽古と移動稽古で体得した動きを複雑な動作の中で連続して行い、より実戦に近い形での動作、バランスの取り方、呼吸 方法などを体得していきます。基本稽古・移動稽古がきちんとできなければ型はうまくなりません。基本稽古・移動稽古を しっかりと行ってきた先輩達の型はとてもかっこよく見えるはずです。

サンドバッグ・ミット打ち

文字どおりサンドバッグやミットに対して突き・蹴りを繰り出す稽古です。上級者は素手・サポーターなしで行うこともあり ますが、入門者から中級者までの方には必ずグローブとサポーターをつけてもらいます。力一杯突く・蹴るのではなく、体を うまく使うことで最大の打撃をサンドバッグやミットに伝えられることを理解することが重要です。

サンドバッグ・ミット打ち1 サンドバッグ・ミット打ち2 サンドバッグ・ミット打ち3
組手

実戦組手の攻撃パターンを練習後に本当に軽く当てて試すだけの組手と、お互いに3〜4割程度の力で攻撃しあう組手を 行います。後者は上級者がいる場合に行う程度で参加も任意ですが、上級者は相手のレベルに合わせて組手を行ってくれ ますので、いざやってみると一番楽しく感じるのではないでしょうか。

組手3
「気づき」のシェア

稽古の最後にその日の気づき・良かった点・悪かった点を、指導員も含めて全員で発表、シェアします。 必ず毎回行うことで次回の稽古目標が立てやすくなり、自分では気づいていない事を指導員から教えて もらうことができ、非常に効果があります。